やまとやホームページは下記へリニューアルしました。

是非ご覧ください!!

http://yamatoya529.com

相良刺繍 中村和彦氏

相良刺繍とは
1センチ四方に約100粒の小さな粒を同じ型にひと粒ひと粒丹念に硬く結ぶので、立体感、迫力が違います。手刺繍でしか出来ず、他の刺繍とは違い、二重の工程が必要となり、とても時間がかかります。匠の多くの時間とたゆまない根気によって一段と秀でた優雅な華麗さと気品の高い着物や帯が完成します。

東京友禅 佐藤光幸氏

いつまでも心に留めておきたい景色があるように、大好きな情景を身にまとう喜びがあります。自分の感性の自由な表現を目指し、着物や染帯の創作活動に専念しています。
何年にも亘り、やまとやに来場。リピーターやファンも多く、お客様からの信頼も厚い作家です。

江戸小紋 三田村浩幸氏

春の甲子園、選抜高校野球大会で、帝京高校に初の優勝旗をもたらしたキャプテン。バットを反物に持ち替えて本物の江戸小紋企画を全国に打ち込んでいます。
江戸小紋のいのちである、染や型紙彫りは、重要無形文化財保持者の職人技が脈々と息づいています。

格式ある装いにも、粋にも、遊び感覚の装いにも、江戸小紋は重宝です。

成瀬優氏

作風は大きく分けてふたつ。伝統的で古典的な模様を現代風にアレンジした系統と、ファッショナブルで感覚的な「色」を主体とした系統に分かれます。徳川のお姫様のお嫁入り道具「初音の調度」や辻が花をアレンジした作品は前者、大きな薔薇を絞った着物や、夜景や宇宙をテーマにした作品が後者です。どちらも、ひと味違った魅力があります。

シミ抜き職人 真霜氏

十日町のシミ抜き職人としての技術と経験から、皆様の着物や帯に関するお悩みのご相談をお受けします。

西陣の若きコーディネーター 池口友紀氏

「呉服座」
鎌倉時代に京都で生産された絹織物は、応仁の乱後、西陣の地に織り手が集まり、「呉服座」として今日の基礎を作りました。中でも織司の六家が内蔵寮の織師に任命されました。室町時代には、技術の向上により高級織物が製作されるようになり、京都に於ける機業の隆盛は「呉服座」に起源するものです。池口氏はその六家のひとつで、脈々とその技術を伝えています。

博多織 白石剛太郎氏

 博多織の特徴はとにかく締めやすい、その理由はタテ糸が多いことです。

 1241年宋から技術を持ち帰ったのが始まりで770年以上の歴史があります。

 江戸時代、筑前藩主黒田長政が幕府に献上したことで、「博多献上帯」の名が生まれました。

 織元としてのプライドと技術を守りながら新しい出会いへの冒険心を大切にしたいと考えています。

 

 

 

イメージプロデューサー&ナレーター 善之助

一期一会 善之助は「五歳若く、五センチ背が高く、五キロやせて見えるきもの」「織帯に見える染帯」「二度と同じ作品を作らない職人魂」そして着物を褒められるよりも着姿を褒められるようなコーディネイトを目指しています。

善之助ならではの深い染めと風合いをお楽しみください。

草履職人

草履のかかとが減ってきた、鼻緒がきつい、鼻緒が緩くなってしまった、足にぴったりの草履がない等、お悩みにお応えいたします。